BMW Z4|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

BMW Z4

2020/05/30

BMW Z4のトランスミッション、DCT(又はDKGとも呼びます)の修理です。

トランスミッションからのオイル漏れと、トランスミッションのランプ点灯でご入庫です。

テスターでエラーメモリーを確認したところ、トランスミッションの中に有るセンサーが不良と判明した為、トランスミッションを降ろしました。

オイル漏れのヵ所はハーネスが付くところのカプラのO-リングからでした。

このヵ所のオイル漏れは良くありますが、トランスミッションを車から外さないと修理できません。

特殊工具を使ってクラッチを取り外します。

取り付ける時にも、特殊工具を使います。

センサー、カプラのO-リング、サイドカバーのガスケット、オイルパンガスケット、フィルターなどを交換。

車輌に取り付けてDCTフルードを注入、エラーの消去などを行い、試運転。

オイル漏れ、DTCフルードの量、エラーメモリーの点検をして完成です。