BMW MINI オートマ修理|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

BMW MINI オートマ修理

2019/07/01

BMW MINIのオートマ修理です。

このオートマは、アイシンワーナー製の6速のオートマです。

他工場で、エンジンのオイル漏れ修理の為、オートマを取り外して修理した後、不動になってしまったという事で入庫しました。

調べてみると、エンジンを掛けてもオートマに油圧が発生していません。

オートマを取り外し、分解してみると、油圧を発生する”オイルポンプ”が破損していました。

エンジンのオイル漏れ修理をした後、オートマをエンジンに取り付ける時に、壊れてしまったと思われます。

壊れた部品が噛み込み、酷い傷がついてしまっています。

ここまで酷いともう修正が出来ない為、オイルポンプをまるごと交換になってしまいます。

金属粉が他の部品の中にも多量に混入している為に、全て分解してクリーニングしなければならない為、結局オーバーホールになってしまいました。