BMW 740i (F01) オートマ修理|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

BMW 740i (F01) オートマ修理

2020/06/04

BMW 740i(F01)、”パーキングからシフトが抜けない”という症状でご入庫されました。

テスターでエラーメモリーを確認してみると、各クラッチの滑りが入力されていました。

車を上げてみると、オートマからのATF漏れが酷く、ATFの量が足らずにオートマ内部のクラッチが焼けてしまったようです。

ATFの状態を確認してみると、真っ黒で焦げ臭い匂いもしていた為、漏れを治してATF交換だけをしても、

またトラブルになる可能性が高いと思われる為、オートマを降ろして分解修理する事になりました。

このタイプのオートマ(ZF製6HP21)は、ATF交換、フィルター(オイルパン一体型)交換をしただけでも、

¥10万以上の金額になってしまいます。

またトラブルが発生したらそれが無駄になってしまうので、今回の選択は懸命だと思います。

お客様の了解の上、オートマを外しました。

オートマを全て分解して修理します。

全てのガスケット、オイルシール、ピストンシールと、各クラッチを交換してZF社規定のクリアランス調整をして
組み立てます。

完成したオートマをテストベンチでテストしてから車輌に取り付けます。

オートマを外した時のボルト、ブラケットなどはすべてクリーニングして並べます。

その方が気持ちがいいですし、付け忘れも防げるのと、万が一ATF等の漏れが有った時には分かりやすいですよね。

オートマを取り付け後、エラーメモリーの消去、コンピューターに学習されたアダプションデーターの初期設定をして試運転をします。

そのあと、ATFの温度が40℃前後まで下がったらATFの量を調整して完成です。