BMW 523i (F10)オートマ修理|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

BMW 523i (F10)オートマ修理

2021/01/30

2011年式、BMW523i(F10)のオートマ修理でご入庫です。

オートマのタイプは、ZF製の8HP45。8速のオートマです。

症状は、「トランスミッションの警告灯点灯、シフトが”P”に入らず、ドアロック出来ない。」という症状です。

テスターでエラーメモリーを確認してみると・・・

① EGSタービンセンサー ← メカトロニクス要交換

② ギヤモニター2、3,4 ← オートマ内部滑り

エラーメモリーの内容から判断して、オートマのリビルトが必要と判断し、お客様にご了解を頂き、オートマを

リビルトする事になりました。

車輌からオートマを外します。

外れたオートマを2階のリビルトルームへ

全て分解して細部まで点検します。

インナーディスクプレートの剥離及び摩耗がかなり進んでいました。

インナーディスクプレートやガスケット及びオイルシール等は全て交換します。

交換する部品は、ZF製の純正品です。

全ての部品を洗浄し、再度点検します。

各パートごとにメーカーの基準値に調整し組み立てていきます。

油圧漏れ等が無いか、特殊工具をセットして、エアーで圧力をかけて点検します。

 

メカトロニクスも新品に交換します。

メカトロニクスはかなり高価な部品ですが、DELはZF社のサービス指定工場なので、ZF製の全ての部品はZF社から直接取り寄せる事ができる為、一般的な仕入れ価格よりも安価でご提供できます。(とは言っても高価な部品には変わりありませんが・・・)

新品のメカトロニクスを取り付けてリビルト完成。

車輌に取り付けてBMW専用のテスターでプログラミングをします。

一般道と高速道の試運転を行い、ATFの温度が規定値まで下がったら、ATFのレベルを調整して完成です。