メルセデスベンツ E500 (W124)|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

メルセデスベンツ E500 (W124)

2020/03/26

メルセデスベンツE500(W124)のオートマ修理のご入庫です。

早速オートマを外します。

車から外したオートマです。

走行距離が10万kmを超えているので、オイルの滲みや漏れでかなり汚れています。

オートマを分解した状態です。

かなりの部品点数ですね。

今回交換した消耗品や不良部品です。

この他にも、トルクコンバーターや、プラネタリギヤを別途リビルトします。

オートマをリビルトしている間に、お客様からご依頼のあった、エンジンのリヤクランクシールの交換と、プロペラシャフトのセンターマウント及び、ベアリングを交換します。

長く乗り続けるのであれば、いずれは交換する事になる部品ですので、オートマを外した時についでに交換しておけば、工賃がかなり節約できます。

オートマのリビルトも並行して作業中です。

バルブボディーも全て分解洗浄、消耗品交換、その他対策もします。

組立て終わったらテストベンチでテストします。

オートマを外して単体でのご依頼でも、テストベンチでシュミレーションテスト、油圧調整まで出来ますので、

お車ごとお預かりしなくても、オートマ単体のご依頼でもOKです。

テストベンチが終わり、完成したオートマを取り付けます。

高速道、一般道を合わせて約50kmのテスト走行をして、ATF漏れや量など最終チェックをして完成です。

W124のE500、テスト走行をするたびに毎回、痺れます。

本当に良い車ですね。