ジャガーXKR オートマ修理|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

ジャガーXKR オートマ修理

2018/10/10

ジャガーXKRのオートマ修理です。

この年式のXKR(スパーチャージャー付エンジン)に搭載されているオートマはベンツ製の5速オートマです。

XK8はZF製の5速オートマで、この型の最終モデルはZF製の6速オートマが搭載されています。

全てDELオートで対応可能です。👍

症状は3速→4速に変速する時に、ギヤ抜け(滑り)が有り、トランスミッションイジョウが点灯しました。

試運転をして、症状を確認後、オイルパンを外して点検したところ、オートマ内部の部品と思われるゴムの切れ端が出ていて、ATFも焼けた臭いがしていたのでオートマ内部の機械的な損傷と判断し、オートマを外しました。

外したオートマを2階のリビルトルームで分解点検します。

切れたゴムの部品と、焼けたクラッチプレートです。

ゴムの部品が切れた原因は、10万km近くATF交換をしなかった為、経年劣化によってゴムが硬くなって切れてしまったと思われます。

定期的にATF交換をしていれば防げた故障だったと思います。

やっぱり、定期的なATF交換は必要だと、改めて感じた事例でした。😢