アウディ TT バックしなくなる。|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

アウディ TT バックしなくなる。

2021/04/14

アウディ TT、シフトポジションインジケーターが点滅して、”バックしなくなる” という症状でご入庫頂きました。

トランスミッションのタイプは02Eで、6速のデュアルクラッチミッションです。

一度イグニッションキーをOFFにすると症状が回復しますが、再度エンジンを掛けてシフトを動かしてみると、”N"ポジションで”ガチャガチャ”とクラッチが作動する音がしてシフトポジションインジケーターが点滅し、バックしなくなりました。

専用テスターでエラーコードを読みだしてみると、以前クラッチ交換した車輌と同じエラーメモリーが入力されていた為、クラッチ不良と診断し、トランスミッションを車輌から降ろしてクラッチを点検します。

車輌から取り外したDSGトランスミッション

クラッチの部分を分解していきます。

分解したデュアルクラッチ

黒く焼けたクラッチ

クラッチリペアキットを交換して、マニュアルに従って計算式に当てはめ、クリアランス調整します。

車輌にトランスミッションを取り付ける前に、フィルターと、メカトロニクスカバーガスケットを交換します。

トランスミッションを取り付けます。

取り付けた後、専用テスターでエラーメモリーの消去、ベーシックセティング等を行いロードテストをし、DSGフルードのレベル調整をして完成です。