アウディ A3 (6速DSG搭載車)|世田谷工場ブログ|外車・輸入車のオートマミッション・パワーステアリングの修理(リビルト)専門

アウディ A3 (6速DSG搭載車)

2020/04/02

アウディ A3 6速DSG搭載車のDSG修理のご入庫です。

ご指摘の症状は、「Dレンジ、Rレンジ共にブレーキを離した時のクリープ(アクセルを踏まずに動く状態)は

スムーズに動くが、アクセルを踏むとガクガクする」という症状です。

先ずはいつも通り専用テスターで点検します。

テスターで点検した結果、メカトロニクスの修理で治りそうです。

赤丸の部分がメカトロニクスです。

変速を制御する部分です。

これを丸ごと交換するとかなりの金額になってしまいます。

今回の作業で交換した部品です。

交換後、テスターでベーシックセッティング(初期設定)をしてロードテストをしたところ、最初の内はクリープの感覚があまり良くなかったのですが、テスト走行を繰り返していくうちに、とても良いフィーリングになりました。